テープ剤

Qへの挑戦が続いています。

「局所から全身へ」
“皮膚がくすりを飲む”をコンセプトに開発した全身作用型テープ剤は
医療現場から熱い注目を集めています。
私たちは、患者さんや医療現場のニーズを
敏感にキャッチしながら、
スピード感のある研究・開発にチャレンジし続けています。

硝酸イソソルビドテープ
ツロブテロールテープ

■全身作用型テープ剤

飲みぐすりに比べて消化器官への副作用がほとんどなく、患者さんへの負担を和らげながら、薬剤の確実な効果と持続性が得られます。